ライフサイクルに合わせた女性のための産婦人科・内科診療

病院からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症対策のご案内とご協力のお願い

当院では、新型コロナウイルスPCR検査は行っておりません。
濃厚接触の疑いのある方、症状に新型コロナウイルス感染が疑われる方は、新型コロナウイルスに関する相談窓口(文京区ホームページ)をご確認ください。

[クリニックの対策として]
・受付に透明ビニールカーテンを設置
・十分な換気
・定期的なクリニック内のアルコール消毒
・スタッフの体調管理の徹底。

[患者様へご協力のお願い]
・ご来院時は、マスクの着用及び入口での手指のアルコール消毒をお願い致します。
・ご来院は、原則患者様1名でお願い致します。
・「37.5度以上の発熱が2日以上続く、咳、倦怠感、息苦しさ、息切れ、味覚異常」等の症状のある方は、直接来院せずお電話にてお問い合わせください。
・その他、クリニックスタッフの指示にご協力をお願い致します。

皆様が安心してご来院いただける環境作りのため、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。


       
       
         
インフルエンザ予防接種のお知らせ
         

2022年度のインフルエンザ予防接種を行っております。


ワクチンの効果は、2週間~5ヶ月程度とされています。インフルエンザが流行してからの接種ではなく、早めの接種が効果的です。


また、十分な量のワクチンを確保しておりますが、時季等によってはワクチンが不足し、接種が行えないことがございます。
インフルエンザ予防接種をご希望される場合は、事前にお電話にてお問い合わせ頂きご来院いただきますと、スムーズに接種していただけます。


       
                

2022.4.22
子宮がん検診のお知らせ

子宮がん検診ご希望の方は、受診前に「新型コロナウイルス感染症に伴う子宮がん検診について」のご案内をご確認ください。


【期間】
令和4年4月11日~令和5年3月31日


【対象】
令和4年4月2日~令和5年4月1日の間に迎える誕生日で20歳以上の偶数年齢になる文京区在住の女性。


【費用】
無料


【検診内容】
問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診。
※体部細胞診は必要と判断された方に本人同意に基づき実施。


【受診方法】
受診のタイミングで受診方法が異なりますので下記内容をご確認ください。

[令和4年4月11日から子宮がん検診無料受診券が届くまで]
当院へ直接ご予約下さい。

[子宮がん検診無料受診券が届いてから令和5年3月31日まで]
1.文京区より5月中旬~下旬に対象者へ子宮がん検診無料受診券が送付されます。
2.当院へ直接ご予約ください。
3.受診時に子宮がん検診無料受診券と健康保険証をご提示ください。


※令和4年4月2日~令和5年4月1日の間に迎える誕生日で、20歳以上の奇数年齢になる方も昨年度に未受診で文京区在住の方も子宮がん検診無料受診券を申請することで受診できます。


手続きなど詳細は、文京区ホームページよりご確認ください。

                

2022.4.22
子宮頸がん予防ワクチンのお知らせ

[令和3年11月26日より接種の積極的な接種勧奨を再開することとなりました]


【対象】
文京区に住民登録がある平成18年4月2日生~平成23年4月1日生の女性


【費用】
無料


【回数】
3回


【接種期限】
高校1年生相当の年度の3月31日まで


【必要なもの】
予診票、母子健康手帳、健康保険証、保護者が同伴しない場合の同意書(必要な方のみ)
予診票は令和4年5月以降に一括発送されます。



<キャッチアップ接種について>
【対象】
文京区に住民登録がある誕生日が平成9年4月2日~平成18年4月1日の女性で、過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない方


【接種期限】
令和4年4月1日から令和7年3月31日まで



子宮頸がんワクチン接種に関する詳細は、文京区ホームページよりご確認ください。

                

2022.9.28
クリニックより

こんにちは、秋らしい季節になりましたね。天高く、青空が清々しいです。

今年の夏も異常気象で猛暑が続きました。エアコンを付けたままの生活が多かった方も多かったかと思います。
それが原因の1つにもなっていて、実は体が冷えている人が多いんですよ。そして、この季節になってエアコンが必要なくなってきても体温調節がうまくいかなくなることが多いようです。
昼間はまだ暑いですが、湿度が低くなっているのに急に暑くてまたエアコンを入れてしまっているようです。

そんな時には、少し暑くても軽い運動、散歩やラジオ体操など身体を動かして汗をかいてみてください。そうすると少しづつ体温の調節が上手くいくようになると思います。

朝晩の気温差が大きいのでくれぐれも風邪などをひかないでくださいね。


院長   下司  有美

                

連携医療機関のご案内

下記医療機関と医療連携を行っております。

東大病院 産婦人科